海外旅行

東南アジア30日間の旅⑥ パタヤ編 旅レポ21

東南アジア30日間の旅⑥ タイ パタヤ 山添博之

 

 

2019年11月6日から12月6日までの30日間東南アジアを旅していました。

 

東南アジア30日間の旅の計画

 

 

この30日間の旅では、以下の国々の各都市を訪れました。合計4ヵ国と7都市です。

フィリピン(Philippines)のマニラ(Manila)、
ベトナム(Vietnam)のホーチミン=サイゴン(Ho Chi Minh City = Saigon)、
カンボジア(Cambodia)のプノンペン(Phnom Penh)、シェムリアップ(Siem Reap)
タイ(Thailand)のバンコク(Bangkok)、パタヤ(Pattaya)、アユタヤ(Ayutthaya)

 

 

その旅の詳細をレポートした記事を数回に分けて書きます。

今回は第六弾。タイのパタヤの旅をレポートした記事になります。

 

この記事が何かの参考になれば嬉しく思います。

 

 

バンコクから長距離バスに乗りパタヤに到着!

 

 

バンコクから長距離バスに乗りパタヤのバスターミナルに到着しました。

 

 

パタヤのバスターミナル

 

 

バスの運賃は450円程度でした。空調が効いていて快適なバス移動でした。

そしてGrabという配車アプリを使い、バスターミナルからパタヤのホテルへ移動しました。

ホテルは一泊約4000円。とても広々としており清潔で静か。快適な部屋でした。

 

 

パタヤで宿泊したホテル

 

 

ホテルを出てパタヤの街を歩いてみる事にしました。

 

 

パタヤを歩く

 

 

パタヤは世界的なビーチリゾートです。

街は世界中からの観光客達が歩いていました。ホテルからパタヤビーチまで歩いてみました。

 

 

パタヤビーチ

 

 

浜辺にはビーチチェアが並んでいます。お金を払うとレンタル出来ます。

ビーチチェアに寝転びながら海を眺めてゆっくり過ごすのも良さそうです。

 

パタヤビーチの様子を動画に撮ってみました。

 

 

 

 

夕日が沈み日が暮れました。パタヤは物凄く活気のある街です。

夜中になってもビーチや海沿いのバーもレストランもストリートも世界中からの観光客で一杯です。そして、花火大会や音楽ライブイベントが幾つも開催されていて人々が歓声をあげていました。こんなに活気のある街は初めて来ました。

 

 

パタヤの夜

 

 

パタヤビーチの花火の様子を動画に撮ってみました。

 

 

パタヤビーチの花火

 

 

街を歩いた後ホテルに戻って休みました。

 

 

Phra Tamnak Mountain (Phrabat Mountain)

 

 

そして翌朝、パタヤビーチの少し西にある山の展望所に向かう事にしました。

展望所までは3キロ程度しか離れていなかったので、徒歩で向かってみました。

 

 

 

 

そしてパタヤの展望所に到着しました。パタヤビーチが一望できます。

天気が良くて最高の眺めでした。

 

 

展望所からの展望

 

 

展望所付近にはお土産物ショップやレストランなどがあります。

喉が渇いたので良く分からない謎のドリンクを買ってみました。

パイナップルのドリンクでした。

 

 

 

 

展望所からの眺めを動画に撮ってみました。

 

 

 

 

Twitterのフォロワーの方からの情報によるとこの展望所の近くに良いカフェがあるそうです。残念ながら私はスルーしていました。

この近くに有名な仏教寺院が幾つかあるようなので、行ってみる事にしました。

 

 

關聖帝君廟

 

 

關聖帝君廟という中国系?の寺院に到着しました。

 

 

 

 

ブッダだけではなくて三国志の武将の関羽や老子や孔子まで祀られていました。

このような寺院は初めて訪れました。新鮮で中々興味深い寺院でした。

 

 

關聖帝君廟

 

 

ワット・プラヤイ

 

 

ワット・プラヤイという仏教寺院に到着しました。

タイ系(上座部仏教)の仏教寺院です。巨大なブッタ像がありました。

 

 

ワット・プラヤイ

 

 

子供達がワット・プラヤイの一角でお経を唱えていました。

 

 

ワット・プラヤイ 読経をする子供達

 

 

ワット・プラヤイの様子を動画に撮ってみました。

 

 

ワット・プラヤイの様子 黄金のブッダ像

 

 

パタヤ市内の交通手段

 

 

パタヤ市内の移動手段はタクシーはあまりメジャーではないようです。

タクシーも利用することは出来ますが、基本的に観光客用価格で高額です。

 

なので、市内を巡回している「ソウテウ」という乗り合いバスをパタヤでは基本的に使います。

巡回中の「ソウテウ」は手を上げたら停車してくれます。そして降りたい所でブザーを押せば止まってくれます。料金は数十円。格安でシンプルシステムでとても便利です。

 

 

 

 

また、「モタサイ」というバイクタクシーも利用できます。

しかし「モタサイ」結構危険です。荒い運転をされて振り落とされたら、大怪我するか、死ぬ可能性も。一度利用してみましたが気を抜くと振り落とされそうになりました。(自分の体のバランスが悪いのかも・・)

 

 

 

 

酔ってるときに「モタサイ」利用するのは結構危険だと思います。

 

 

サンクチュアリ・オブ・トゥルース the sanctuary of truth

 

 

サンクチュアリ・オブ・トゥルース(the sanctuary of truth)という巨大寺院に来てみました。

 

 

サンクチュアリ・オブ・トゥルース

 

 

この巨大寺院サンクチュアリ・オブ・トゥルースはアジアの様々な宗教を融合させた寺院です。ヒンドゥー教、仏教など様々な宗教のモチーフが木彫りで表現されてます。

サンクチュアリ・オブ・トゥルースは1981年に建設開始され現在も建設途中です。内部に入るにはヘルメットの着用が必要でした。ここはアジアのサグラダ・ファミリアとも呼ばれてるそうです。

 

サンクチュアリ・オブ・トゥルースを動画に撮ってみました。

 

 

サンクチュアリ・オブ・トゥルース内部の様子

 

 

パタヤの離島「ラン島」へ

 

 

パタヤの港(バリハイ桟橋)から離島の「ラン島」へ行ってみる事にしました。

 

 

 

 

船に乗ってラン島に到着しました。

 

 

 

 

ラン島の港には大量のバイクタクシー(モタサイ)の勧誘が待ち受けています。

小さい島なので徒歩で巡りたかったので、彼らをスルーして島を歩いていきました。

お腹が空いていたので、レストランで昼食を食べました。

 

 

 

 

この島には7つのビーチがあります。Tawaenというビーチに向かう事にしました。

途中で犬が付いていて私の少し先を歩きながら道案内のような事をしてくれました。

 

 

 

 

道案内をしてくれた犬は何か食べ物が欲しかったようですが、何も持っていませんでした。残念。

 

 

道案内してくれた犬とロン島のTawaenビーチ

 

 

ロン島のTawaenビーチの様子を動画に撮ってみました。

 

 

Tawaenビーチ

 

 

そして、港に戻りパタヤビーチ行きの船に乗りました。

 

 

バンコクに戻り、アユタヤへ!

 

 

パタヤビーチ行きの船に乗りながら夕焼けを眺めて以下のような事を考えていました。

 

 

 

 

そんな風に夕日を眺めながら考えていました。

海外一人旅を繰り返すことで、自分は重度の対人恐怖の状態から徐々に立ち直ってきていると船の中から夕陽を眺めながらしみじみ感じていました。

やはり、一人で海外を旅していると様々な場面で人と関わる必要があるので、それが対人関係の慣れに繋がってるのかと思いました。

そして、ホテルに戻り休んだ後、翌朝、バンコク行きの長距離バスに乗りました。そして、バンコクから古代王朝のアユタヤ王朝の首都であったアユタヤへ向かう事になります。

アユタヤについてはまた次の記事に書きます。

 

 

東南アジア30日間の旅の第六弾の記事であるタイのパタヤの旅のレポートはこれで終了です。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

最後に紹介しきれなかったバンコクの旅の写真をギャラリーにしてみました。

 

 

 

 

東南アジア30日間の旅のレポートはまだ続きます。

次回はタイのアユタヤのレポートを書きます!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です