海外旅行

東南アジア30日間の旅⑦ アユタヤ編 旅レポ22

東南アジア30日間の旅⑦ タイ アユタヤ 山添博之

 

 

2019年11月6日から12月6日までの30日間東南アジアを旅していました。

 

東南アジア30日間の旅の計画

 

 

この30日間の旅では、以下の国々の各都市を訪れました。合計4ヵ国と7都市です。

フィリピン(Philippines)のマニラ(Manila)、
ベトナム(Vietnam)のホーチミン=サイゴン(Ho Chi Minh City = Saigon)、
カンボジア(Cambodia)のプノンペン(Phnom Penh)、シェムリアップ(Siem Reap)
タイ(Thailand)のバンコク(Bangkok)、パタヤ(Pattaya)、アユタヤ(Ayutthaya)

 

 

その旅の詳細をレポートした記事を数回に分けて書きます。

今回は第七弾。タイのアユタヤの旅をレポートした記事になります。

今回が東南アジア30日間の旅のレーポートシリーズの最終章になります。

 

この記事が何かの参考になれば嬉しく思います。

 

 

バンコクから電車でアユタヤへ移動

 

 

バンコクの国鉄駅のフワランポーン駅に到着しました。

 

 

フワランポーン駅

 

 

この駅から3等列車に乗ってアユタヤに移動します。所要時間は約2時間。

駅の受付で3等列車のチケットを購入しました。値段はなんと15バーツ(約50円)でした。

 

 

3等列車のチケットを購入

 

 

2時間の距離が約50円!とても安いですが、3等列車は混雑する事があるようです。座れなくても良いと思っていましたが、幸いにも人が少なくて座ることが出来ました。

 

 

アユタヤに到着

 

 

アユタヤ県に到着しました。

アユタヤ県はタイの古代王朝(アユタヤ王朝1351〜1767年)の首都であった場所です。

 

 

 

 

アユタヤ県を歩いています。

 

 

ここアユタヤ県にはアユタヤ王朝時代の古代遺跡が沢山あります。

それらの遺跡はアユタヤ遺跡群と呼ばれ、世界遺産に登録されています。

それらの古代遺跡を巡っていきます。

 

 

ワット・マハータート

 

 

ワット・マハータートというアユタヤ王朝時代に建てられた仏教寺院の遺跡に到着しました。

 

 

ワット・マハータート

 

 

ここワット・マハータートは13世紀のアユタヤ王朝の王によって建てられました。

1767年にビルマ(ミャンマー)の侵攻によって廃墟となったようです。

 

 

 

 

樹木の中に埋没した仏像の頭がありました。

 

 

樹木に埋没した仏像の頭

 

 

ワット・ラーチャブーラナ

 

 

ワット・ラーチャブーラナにやってきました。

1424年にアユタヤ王朝の王が創設した仏教寺院です。

 

 

 

 

ワット・ラーチャブーラナ

 

 

アユタヤのホテルに宿泊

 

 

遺跡を巡った後、予約していたアユタヤの安いホテルに移動しました。

 

 

 

 

部屋はシンプルで清潔。朝食もメニューが充実していました。

 

 

 

 

ワット タンミカラート

 

 

ワット タンミカラートはアユタヤ王朝よりも古いアヨーティヤー王国の時代に創設されたそうです。こちらも1767年のビルマからの侵略により破壊されました。

 

 

 

 

ワット タンミカラート

 

 

ワット・プラシーサンペット

 

 

ワット・プラシーサンペットはアユタヤ王朝のトライローカナート王が1448年に創設した仏教寺院です。

 

 

 

 

巨大な3基の仏塔が印象的です。これらの仏塔にはトライローカナート王とその王子らがの遺骨が埋葬されているそうです。

 

 

ワット・プラシーサンペット

 

 

ワット・ヤイチャイモンコン

 

 

ワット・ヤイチャイモンコンは1351年にアユタヤ王朝の初代の王であるラーマーティボーディー1世により創設された仏教寺院です。

ワット・ヤイチャイモンコンは「吉祥なる勝利の寺院」という意味らしいです。

 

 

ワット・ヤイチャイモンコン

 

 

ワット・ヤイチャイモンコンの様子を撮影

 

 

突然象が現れる!

 

 

道中で像に乗って移動している人達に遭遇しました。象タクシーですね。

 

 

 

 

 

街に鳴り響いた謎の連続炸裂音

 

 

アユタヤ県の街を歩いていると突然大きな連続した炸裂音がしました。

近くの電柱から煙が出ていました。こんな現象初めて出会いました。

 

 

 

 

煙を発する変圧器とタイの電線の様子

 

 

そして帰国へ

 

 

こんな感じでアユタヤ県で古代遺跡などを巡った後、バンコクに帰り、日本に帰国しました。

 

 

 

 

まとめ

 

 

今回で東南アジア30日間の旅のレーポートシリーズは終わりです。

読んでくださってありがとうございました!

最後に紹介しきれなかったアユタヤ県の旅の写真をギャラリーにしてみました。

 

 

 

 

そして今後もまだまだ旅は続けて行く予定です。

しかし、残念ながら現在(2020年9月29日)は新型コロナが世界中で蔓延しており、自由に海外旅に出かける事はとても難しい状況です。

この新型コロナ危機が過ぎ去れば、またどんどん様々な国々を旅して行きたいと思っています。そしてTwitterやYouTubeやこのブログで旅の様子を発信して行きます。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です